良品計画の目指す姿

良品計画は、「感じ良いくらしと社会」へ向けてグローバルに貢献する個店経営の集団として世界水準の高収益企業体を目指しています。また、当社が展開する無印良品は、良心とクリエイティブによって成立しシンプルに美しい暮らしを願うお客様と共にこれからの生活に最良で最強な「くらしの基本と普遍」を共創していきます。

私たちは、無印良品を日常生活における衣服雑貨、生活雑貨、食品の基本領域でお客様からの購入想起率ナンバーワンとすることに挑戦しています。そこに向けて、無印良品の品質と価格、そして意味を磨き続け、日常生活にもっとも必要な暮らしの基本を、さまざまな形態の店舗やオンライン事業、MUJI HOTELやMUJI HOUSEなどを通じて提供します。

私たちが暮らす現代の地域社会には、少子高齢化や都市への集中により見捨てられた公共空間や未利用のまま残された資源など、身近なところに課題が山積しています。当社は、無印良品の一貫した思想から、これら地域社会の課題に役立つ周辺事業やサービスを開発し、自ら運営まで行うことで、生活・文化・環境の共存と発展に貢献していきます。この構想の先には、地域に関わる方々が、「お互いさま」を合言葉に、小さくても固有の経済活動や豊かな文化を育む「感じ良い社会」が広がる未来を描いています。

このビジョンの実現のためには、無印良品の店舗を自ら考え実行していく個店経営への転換をすすめること、および、ステークホルダーの皆さまの参加による強い企業統治が必要不可欠と考えています。