100の良いこと

包装の簡略化

包装の簡略化

できるだけ包装をしない販売を目指します。
包装が必要な場合も最小限の包装となる努力をします。
たとえば、衣服のウェアやファブリックス製品では、包材の無駄をなくすために商品パッケージを使用せずにタグのみで販売しています。
またレトルト食品では、レトルトパックそのものに必要な情報をプリントし商品パッケージとすることで、二重包装を避けています。