100の良いこと

繊維製品のリサイクル

繊維製品のリサイクル

2010年に「FUkU-FUKUプロジェクト」としてスタートした「BRING」は、繊維製品をバイオエタノールとして再生する新しい技術を中心に、衣料品の100%リサイクルをめざし発足した企業連携のプロジェクトです。このプロジェクトを通じて循環型社会形成への貢献を目指しており、良品計画ではプロジェクトがスタートした2010年から参加しています。
2016年度は、年間約15.8トンの繊維製品を回収し、多くの方にご参加いただき、昨年の回収量(7.6トン)の約2.5倍もの回収をすることができました。回収された繊維の一部はエタノール化プラントでリサイクルされ、約1,500リットルものエタノールが生成されています。
ブランド名の「BRING」は、「持ってくる」という消費行動を示すとともに、「持ってこよう」という呼びかけとしても機能するものです。「BRING」のイメージキャラクターはミツバチ。私たちはこれからもミツバチが蜜を集めるように「あなたの服」を集め、やがてそれが「地球の福」になる=「あなたの服を地球の福に。」の願いをこめて活動しています。