100の良いこと

UD(ユニバーサルデザイン)活動

UD(ユニバーサルデザイン)活動

無印良品では社内の有志の開発担当者を中心に、2014年の秋頃よりユニバーサルデザインの勉強会を開始しました。

ユニバーサルデザインとは、年齢や性別、身体的な違いで生まれる差を問わずに、できるだけ多くの人が利用することができるデザインです。1985年頃からアメリカで始まり、日本でも多くの商品が生まれ、様々な施設で採用されています。
無印良品では海外の店舗も増え、今後もより多くのお客様と出会う中で、

などを、この活動の中でお客様と一緒に考えていきます。
2015年には商品化第一弾として、アラーム針をこれまでよりも多くの人に識別しやすい色に変更したアナログ目覚まし時計を発売しています。