100の良いこと

国産杉を使用したオフィス向け家具の開発・発売

国産杉を使用したオフィス向け家具の開発・発売

日本は国土面積の67%を森林が占める、世界第3位の森林大国です。しかしながら、木材全体の消費量に占める国産材の割合は30%ほどにすぎません。また、管理が行き届かない森林の荒廃も社会問題になっています。
このような日本の森林の環境保全や林業の活性化に向け、無印良品は、いち早く国産木材を使用したオフィス用品を展開する内田洋行と共同で、快適なオフィスづくりを目指し、国産杉を使用したオフィス家具を開発しました。
建材としての認識しかなかった杉材を、宮崎県の生産者との根気良い取組みにより、家具のラインに取り入れることを実現。手に触れる天板や棚板に杉を使い、構造部にスチールを用いることで強度も担保し、国産杉の使用用途を拡大しました。