日常と非日常を超えて役立つ新しい防災のカタチ地震ITSUMO + 無印良品

書籍・地震イツモノート
定価:1500円(本体1429円)A5変型判 上製 160頁 ISBN978-4-907818-92-0 2007年4月10日発売 木楽舎刊

『地震ITSUMO+無印良品』は、書籍「地震イツモノート」(木楽舎刊)と無印良品のコラボレーション企画です。阪神・淡路大震災の被災者の声をもとに「モシモ」ではなく「イツモ」の視点で災害を考え、誕生した書籍「地震イツモノート」と生活者の視点から普遍的なモノづくりをめざす無印良品。書籍の出版社である株式会社木楽舎と製作に携わったクリエーターが新しい防災のカタチと無印良品の新たな価値観を提案する『地震ITSUMO+無印良品』を無印良品有楽町のATELIER MUJI(アトリエ ムジ)にて、2008年1月16日(水)~2月3日(日)に開催いたします。

阪神・淡路大震災(1995年1月17日)から13年目にあたる2008年。『地震ITSUMO+無印良品』は、被災者の方々の体験や記憶を風化させることなく、私たちの日常の暮らしの中に生きる知恵とすることを目指し、そのために必要なモノ、方法、考え方を広く伝えていきたいと考えます。「地震の備えは、イツモ・ドコデモ・スマート・スタイリッシュに...」新しいカタチの防災を考えるコミュニケーションの場をご提供します。

展覧会場の企画制作は、書籍「地震イツモノート」の出版元である株式会社木楽舎が行い、同書のイラストと装丁デザインを担当した寄藤文平氏による新ロゴマークをキー・デザインとしながら構成します。会場の展示テーブルには、同書の製作に携わった永田宏和氏(特定非営利活動法人プラス・アーツ)、寄藤文平氏がチョイスした無印良品約30アイテムを設置。『地震ITSUMO+無印良品』オリジナルのパンフレットを作成し、各商品について、災害時での活用法を紹介します。

開催日程
2008年1月16日(水)~2月3日(日)
会場
無印良品有楽町3F ATELIER MUJI(アトリエ ムジ)
お問い合わせ先
株式会社良品計画 企画室(電話)03-3989-4410
以上