あなたの服を地球の福に。FUKU-FUKUプロジェクト第2弾!大阪府内無印良品での衣服回収実験に関するお知らせ

無印良品を運営する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 金井政明)は、1月30日~2月14日の15日間、大阪府内の無印良品直営店で不要になった服の回収の実験であるFUKU-FUKUプロジェクトを実施いたします。

業界を越えた企業が手をつなぎました

FUKU-FUKUプロジェクトは経済産業省および独立行政法人中小企業基盤整備機構の支援する繊維製品リサイクル・モデル事業の一環として複数の企業が連携しています。当社は製造小売業として参加し、2009年8月~10月の3ヶ月間に無印良品都内旗艦店5店舗および神奈川県、町田市内の無印良品27店舗にて初回実験を行っております。その結果、1,437名のお客様にご参加いただき、6,635枚の衣服を回収いたしました。今回は前回実験結果を踏まえ、事務局にて再度の確認のため要請された追加実験です。

衣料品の100%リサイクルをめざします

綿からバイオマスエネルギーをつくる新技術を活用して、衣料品の100%リサイクルのしくみをつくるために、業界を越えた企業が連携して取り組むプロジェクトです。無印良品はプロジェクトの一員として、服の回収実験を行います。

1)回収した衣料品は自然界に存在する酵素と微生物で分解し、衣料品に含まれる綿をバイオマスエネルギーのひとつであるバイオエタノールとして再生します。バイオエタノールは、工業用エタノールや石油に代わる燃料として利用します。

2)ナイロン、ポリエステルなど、綿以外の素材は再びナイロン、ポリエステルなどの原料へ再資源化します。

3)残った材料は熱分解し、燃料等で使うことでほぼ100%リサイクルを実現します。

良品計画での不要となった服の回収スケジュール

1)実施期間:
2010年1月30日(土)~2月14日(日)
2)実施店舗:
大阪府内の無印良品直営店舗
難波、阪神百貨店、梅田ロフト、京阪モール、天満橋京阪シティモール、あべのand、天王寺MIO、八尾西武、泉北パンジョ、アリオ鳳、イオンりんくう泉南、FO大阪鶴見三井アウトレットパーク、オーロラモール高槻、枚方ビオルネ、くずはモール、マイカル茨木
3)回収条件:
無印良品にて過去にお買い上げいただいた紳士、婦人、子供衣料(但し下着、雑貨を除く)
※洗濯ネーム表示に株式会社良品計画と記載がされているもの
お問い合わせ先:
株式会社良品計画 企画室(電話)03-3989-4410
以上