日本環境設計株式会社の100%繊維リサイクル「FUKU-FUKUプロジェクト」事業化への参加「あなたの服を地球の福に。」全国の無印良品で衣服等の繊維製品回収キャンペーンを実施します

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 金井政明)は、日本環境設計株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長 岩元美智彦/以下日本環境設計)が一般消費者から不要となった繊維製品を回収することで、繊維リサイクルのインフラを構築する取組み「FUKU-FUKUプロジェクト」に小売業者として参加いたします。

FUKU-FUKUプロジェクトは、昨年度、日本環境設計が事務局となり、経済産業省および中小企業基盤整備機構の支援を受けた実験として行われました。当社は実験開始時より同プロジェクトに協力し、事業化に向け協力をしてまいりました。当社は本格事業化を期に、全国の無印良品(西友および一部小型店舗を除く)で年に4回の回収キャンペーンを行う予定です。

「あなたの服を地球の福に。」FUKU-FUKUプロジェクト概要

FUKU-FUKUプロジェクトは、綿繊維をバイオエタノールとして再生する新しい技術を中心に衣料品の100%リサイクルをめざし、発足した企業連携プロジェクトです。ミツバチが蜜を集めるように「あなたの服」を集め、やがてそれが「地球の福」になる=「あなたの福を地球の福に。」という意味をこめて、イメージキャラクターは昨年の実験プロジェクト発足時に誕生しました。

無印良品参加の意義

無印良品は誕生以来、モノづくりの最も重要な要素として「素材の選定」を掲げ、天然繊維である綿繊維を活用してきました。一方、循環型社会の中で自社の製品のリサイクルを重要なことと考え、無印良品らしい合理的なリサイクルを長年模索していました。「FUKU-FUKUプロジェクト」は綿繊維をバイオエタノールとして再生する新しい技術を中心に衣料品の100%リサイクルをめざしており、無印良品のめざすリサイクルを実現できると考えました。無印良品は同プロジェクトの取り組みに賛同し、昨年の実験プロジェクト発足時から参加し、2回の回収キャンペーンの実施、キャラクター設計等の協力をしてまいりました。今回の事業化開始は無印良品が待ち望んできたことであり、今後も引き続き参加、協力をしてまいります。

全国実施の回収キャンペーン概要

1.実施期間:
年4回、不定期で実施される「無印良品週間」キャンペーン時
※ 但し、事業化記念の初回のみ6月1日(火)~6月21日(月)実施
2.実施店舗:
全国の無印良品(西友および一部小型店舗を除く)287店舗
3.回収条件:
無印良品の衣料品全般(下着は除く)、タオル、シーツ、カバー類
お問い合わせ先
株式会社良品計画 企画室(電話)03-3989-4410
以上