無印良品のカフェおよびレストラン業態Café&Meal MUJI フェアトレードコーヒー発売のお知らせ

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 金井政明)は、運営するカフェおよびレストラン業態 Café MUJI(カフェ ムジ)、Meal MUJI(ミール ムジ)、Café&Meal MUJI(カフェ アンド ミール ムジ)にて販売するコーヒーを2010年9月1日より全てフェアトレードコーヒーに切り替えます。

おうちでもカフェでもフェアトレードコーヒー

フェアトレードとは、生産者や労働者に対し、より良い貿易条件を提供し、彼らの権利を守る貿易のことです。無印良品ではフェアトレード商品の普及、促進を目的としたフェアトレード・ラベル運動に賛同し、2006年10月より全国の無印良品にてフェアトレードレギュラーコーヒーを販売しています。一方、Café MUJI、Meal MUJI、Café&Meal MUJI では、他の認証コーヒーを販売しておりましたが、2010年9月1日のメニュー変更時に、コーヒー全品をフェアトレードに切り替えることにいたしました。これを機に、無印良品はおうちでもカフェでもフェアトレードコーヒーをご提供できることとなりました。無印良品では、生産者の皆さんが作った素材を魅力ある商品として企画開発、販売することで、フェアトレード商品をお客様に選んでいただき、買い続けていただくよう今後も努力してまいります。

無印良品全体でフェアトレードを普及と促進

Café MUJI、Meal MUJI、Café&Meal MUJI は、無印良品のカフェおよびレストラン業態として、2000年より事業展開を行っています。「素の食」をテーマに、おいしさの素である太陽と土と水の恵みを受けた季節の素材をたっぷりと使い、カラダにおいしい、食べておいしいメニューをご提供しています。また、「素の食」を支える環境や社会にも配慮し、第三者認証を受けたコーヒーやオレンジジュースをご提供してきました。この度のフェアトレードコーヒーへの切り替えは、社会・環境への取組みを物販と一体化して行うことで、フェアトレードの普及と促進を無印良品全体の活動として強化していくことを目的にしています。

【展開店舗】 全国14店舗

Meal MUJI 有楽町、Café&Meal MUJI 日比谷、Café&Meal MUJI 新宿、Café&Meal MUJI 砧、Meal MUJI 青葉台東急スクエア、Meal MUJI 京都BAL、Meal MUJI 静岡、Café&Meal MUJI 二子玉川、Café MUJI 上大岡京急、Meal MUJI 難波、Café&Meal MUJI あべのand、Café&Meal MUJI 神戸BAL、Café MUJI キャナルシティ博多、Café MUJI アトレヴィ巣鴨

FUKU-FUKUプロジェクト実施概要

コーヒー
税込価格 280円
アイスコーヒー
税込価格 300円
カフェオレ
税込価格 350円
アイスカフェオレ
税込価格 350円

※ お食事やデザートにセットメニューとしてご提供しているコーヒーも含みます

※ 一部の店舗では、カフェオレの展開が9月下旬からとなります

※ 使用している豆の産地は物販と異なります

以上
お問い合わせ先
株式会社良品計画 企画室(電話)03-3989-4410