世界旗艦店「無印良品成都太古里」から世界へFound MUJI CHINA「明 Ming」発売のお知らせ

無印良品を展開する株式会社良品計画(本社 東京都豊島区/代表取締役社長 金井政明)は、中国四川省成都市に12月12日(金)にオープンする世界旗艦店「無印良品成都太古里」にて、新たなファニチャーシリーズ Found MUJI CHINA 「明 Ming」を先行発売いたします。日本では2014年12月26日(金)より、Found MUJI 青山および無印良品有楽町をはじめとする全国のFound MUJI展開店舗で先行発売を開始。2015年2月27日 (金) より、追加の限定店舗にて発売を開始いたします。

明時代の家具をRedesign ~Found MUJI CHINA「明 Ming」誕生

先日グッドデザイン賞・未来づくりデザイン賞を受賞したFound MUJIの活動より、新しい家具のシリーズが生まれました。

世界中に足を運んでリサーチし、無印良品の考えのもと、様々な日用品を見つけ、探し出す活動であるFound MUJI。

世界旗艦店「無印良品成都太古里」の出店が決まった時から、3度目のFound MUJI CHINAの旅が始まり、生まれたのが、「明 Ming」シリーズです。

東洋と西洋が融合した美を持つ明時代の家具にインスパイアされ、無印良品によってRedesignされた「明 Ming」シリーズ。

オリジナルの明時代の家具は中国を表す顕著なアイコンになっており、材は主に紫檀を用いています。

Found MUJIの活動の一つである、生活に溶け込む「無印良品」の要素をもつ製品を、世界ですでに使われている日用品の中から探し出し、それらをそのまま、あるいはモディファイして販売することです。

このたび、無印良品がFound MUJI CHINAの活動により生み出した「明 Ming」シリーズは、現代のくらしに融合し、買いやすい価格を実現するため、材料に紫檀ではなくクルミを用い、中国家具独特の紫がかった濃い茶色の塗装を施しています。そのため、重厚に見えつつ日常生活で使い易い重さとなっています。

シックで高級なたたずまいは青磁、白磁、和食器にも調和し、民芸家具的な落ち着きを醸し出します。

【商品概要】
商品名規格規格税込売価
明・ダイニングチェア幅42×奥行51×高さ81cmW42*D51*H81cm35,000円
明・ダイニングテーブル幅165×奥行80×高さ72cmW165*D80*H72cm99,000円
明・コンソール幅65×奥行35×高さ81cmW65*D35*H81cm49,000円
明・ローテーブル幅120×奥行70×高さ35cmW120*D70*H35cm69,000円
明・サイドテーブル幅38×奥行38×高さ45cmW38*D38*H45cm35,000円
明・キャビネット幅86×奥行40×高さ120cmW86*D40*H120cm150,000円

国内Fond MUJI展開店舗

Found MUJI 青山、有楽町、池袋西武、自由ヶ丘、渋谷西武、グランフロント大阪、神戸BAL、キャナルシティ博多、テラスモール湘南、コレド室町

雑誌、WEB等掲載のお問い合わせ先
株式会社 良品計画 宣伝販促課(電話)03-3989-4538 赤峰、有山
以上