21_21 DESIGN SIGHT企画展「単位展」への協賛、参加無印良品の追求するモジュールを単位とした展示のお知らせ

イベントは終了しました

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 金井政明)は、東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」にて2015年2月20日より開催される、企画展「単位展―あれくらい それくらい どれくらい?」(主催 21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団)に協賛し、展示に参加いたします。

「無印良品の単位」(佐野文彦+無印良品)

無印良品が商品開発で追及しているキーワードのひとつが「モジュール」。

モジュールとは、設計上の概念で、システムを構成する要素となるもの、つまり「基本の寸法」です。

無印良品は日本の住宅に使われている「尺」をもとに基本となる寸法を定め、その寸法を大型家具から小型の収納箱に至るまで当てはめています。その結果、無印良品の収納は無理なく生活空間に溶け込みます。

「単位展― あれくらい それくらい どれくらい?」では、無印良品はモジュールを単位としてとらえました。

その表現に選んだのが、無印良品のユニットシェルフ。

ユニットシェルフで組み上げた空間で「単位」を表現いたします。

ユニットシェルフの外寸は、日本の木造建築の基準である3尺/6尺です。

内寸の間口800×350mmが無印良品の多くの製品寸法の基準になっているため、空間に製品がきれいに収まります。

収納と生活空間が一体化した壁のない空間によって、日本建築の伝統的な考え方と、これからの生活空間への提案を表現しました。

【展覧会概要】
単位展 -あれくらい それくらい どれくらい?

会期:
2015年2月20日(金)~ 5月31日(日)
休館日:
火曜日(5月5日は開館)
開館時間:
11:00~20:00(入場は19:30まで)
入場料:
一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
会場:
21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-6
Tel.03-3475-2121
www.2121designsight.jp
アクセス:
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ日比谷線六本木駅、千代田線乃木坂駅より徒歩5分
雑誌、WEB等掲載のお問い合わせ先
株式会社 良品計画 宣伝販促室(電話)03-3989-4538 赤峰、有山、関根
展覧会に関するお問い合わせ先
21_21 DESIGN SIGHT 広報(電話)03-3481-6402 高、岡田
以上