建築家アトリエ・ワンと提案する「棚田オフィス」「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」に出展

イベントは終了しました

株式会社良品計画(本社 東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑 曉)は東京・臨海副都心J区(東京都江東区青海2-1)で、7月30日(土)から8月28日(日)まで開催される「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」に、2013年に続き出展します。

「HOUSE VISION」では、日本デザインセンターの原研哉氏(展覧会ディレクター/日本デザインセンター代表取締役社長)が中心となり、2011年3月より、建築家やクリエイター並びに、さまざまな産業に関する企業が参画し、家を基軸とした未来構想プラットフォームとして住宅関連市場を本格的に掘り起こしていく活動に取り組んでいます。2013年には「新しい常識で家をつくろう」というテーマのもと「HOUSE VISION 2013 TOKYO EXHIBITION」を開催し、大きな反響がありました。

今夏、第2回目のEXHIBITIONとして、「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が、参加企業、参加者の輪を広げて開催されます。テーマは「CO-DIVIDUAL 分かれてつながる/離れてあつまる」。少子高齢化、人口縮小の現代社会においての新たな人と人とのつながりを探り、「家」のあり方を多様な方法で問いかけます。

棚田オフィス/無印良品×アトリエ・ワン

無印良品は、棚田をはじめとした畑、果樹園、雑木林、炭焼き小屋、古民家など、里山全体の「時間と空間」を価値ある社会の共有財産として保全し、次世代につなげていく里山トラストに取り組んでいます。活動を行う千葉県鴨川市大山地区は、高齢化にともない維持管理が困難になっている典型的な中山間地域。無印良品は、そこにある自然環境・伝統的な暮らしの文化・人と自然が調和した里山空間を、未来の世代へ手渡したいと考えています。

「HOUSE VISION2016」での提案は、都市と農村をつなげる新しい働き方。インターネットが発達し、日本中どこででも仕事が出来るようになりました。さらに都市で行っていた仕事だけでなく、農村にオフィスを構えることで、地域の課題の解決策を住民と共に考え、廃校の利用や未利用資源の活用等、「課題を仕事に」つなげる取り組みを無印良品は始めます。その象徴として、建築家アトリエ・ワンによる設計のもと、スモールオフィス+納屋で構成した「棚田オフィス」を出展します。

なお、この棚田オフィスは会期終了後、鴨川市の棚田周辺地に移築される予定です。

HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION

会期:
2016年7月30日(土)- 8月28日(日)11:00 - 20:00(入場受付時間19:30)
会場:
お台場・青海駅前特設会場(臨海副都心J区/東京都江東区青海2-1)
HOUSE VISION:
http://house-vision.jp
報道関係の方のお問い合わせ先
株式会社良品計画 企画室 広報・IR担当(電話)03‐3989‐4410
以上