良品計画グループにおける3種類のインセンティブ・プラン導入のお知らせ

当社は、平成29年4月12日開催の取締役会において、新たに良品計画グループ業績・株価連動型インセンティブ・プランを3種類導入することを決議し、信託を開始しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 良品計画におけるインセンティブ報酬の基本的な考え方

良品計画グループでは、経営の基本方針として、『現場を中心に据えて大切にし、全員で「良心とクリエイティブ」を実践する風土と仕組みをグローバルに発展させる』ことを掲げております。

この基本方針のもと、当社は現場で中心的役割を果たす従業員、経営全体を俯瞰する役割を果たす取締役及び執行役員、並びに海外の現場で中心的役割を果たす現地役職員が一丸となって業績及び企業価値の向上を目標とすることが重要ととらえ、この業績及び企業価値の向上を良品計画グループ共通の目標とするための手段として、インセンティブ報酬が適していると考えております。

2. 3種類の新たなインセンティブ・プランに期待する効果

2017年度以降の中期経営計画の達成及び当該中期経営計画の中で掲げているグローバル展開を加速させることに資するものと考え、以下の3種類の新たなインセンティブ・プランを導入します。

  • 信託型国内従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)
  • 海外グループ会社の役職員に対する株式インセンティブ報酬制度
  • 外国籍役員及び執行役員に対する株価連動報酬

この3種類を含めた当社のインセンティブ・プランは、以下の効果を期待しており、それにより良品計画グループで働く仲間が一丸となって、中長期的な企業価値向上と中期経営計画の達成を目指す一助としたいと考えております。

  • 良品計画グループにおける働きがい、帰属意識の向上及び永年勤続の推進
  • 自己が所属する良品計画グループ会社の業績向上
  • 企業価値の向上、ひいては株価の上昇を目指す意識の醸成
  • 良品計画グループに属するメンバーの福利厚生の充実、資産形成

■ 良品計画グループのインセンティブ・プラン概要

*...社外取締役は対象外
**...各海外子会社が定めた一定の役職員が対象、良品計画からの出向者(役員含む)は対象外

3. 3種類のインセンティブ・プランの概要と期待する効果

  1. 信託型国内従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)

    【概要】

    平成26年1月から平成29年1月31日まで設定されていた同プランの継続型として、主として日本国居住者であるグループ従業員向けのインセンティブ・プランです。

    【期待する効果】

    当社の株価上昇により、当該プランの終了時に持株会に加入している従業員は分配金を得ることができ、もって当社の株価向上への目的意識醸成の効果を期待します。

    【基本報酬に占める割合】

    個人の持ち株会積立額に依拠します。

    【信託株式数】

    66,500株

  2. 海外グループ役職員に対する株式インセンティブ報酬制度

    【概要】

    対象の海外グループ会社役職員に対して、各役職員が所属する海外グループ会社の業績に応じてポイントを付与し、当該付与されたポイントは当該プランの終了時に在職していた場合にのみ株式に交換できるインセンティブ報酬制度であり、海外グループ会社に所属し、主に日本国非居住者である外国籍のグループ従業員向けのインセンティブプランです。

    【期待する効果】

    対象者が所属する海外グループ会社の業績向上により、付与される株数が増加し、且つ当社の株価上昇により、付与された株式の換価額が増加するため、もって当社の株価向上への目的意識醸成、自己の所属するグループ会社の業績向上、及び永年勤続推進の効果を期待します。

    【基本報酬に占める割合】

    最大約20%

    【信託株式数】

    60,000株

  3. 株価連動報酬(ファントムストック)

    【概要】

    当社の役員報酬制度の一つである役員ストックオプションと同様の効果をもたらす役員報酬制度で外国籍である役員及び執行役員に対して付与するもの。

    【期待する効果】

    役員ストックオプションと同様に退職時に行使することができ、行使時の株価により、得られる経済的利益が大きいため、長期的な株価上昇への目的意識醸成の効果を期待します。

    【基本報酬に占める割合】

    最大約20%

なお、各プランの詳細は、2017年4月12日付の次のお知らせをご覧ください。

以上