「無印良品 酒田POP-UP STORE」がオープンしました

当社は、「感じ良いくらしと社会」の実現を目指し、各自治体や地元住民が主役となって、それに無印良品が巻き込まれる形で地域を活性化していくさまざまな取り組みをすすめています。

2月5日、山形県酒田市に「無印良品 酒田POP-UP STORE」がオープンしました。
当社と酒田市は、2019年夏に締結したパートナーシップ協定に基づいて、2020年6月より、中山間地域を含む八幡地域で軽トラックを活用した移動販売をスタートしています。商いを通じて人と人とのつながりを創出し、中山間地域に住む方や高齢者の方の役に立つことを目指したこの取り組みは、買い物を通じて様々なコミュニケーションが生まれるきっかけとなっています。
今回オープンした「無印良品 酒田POP-UP STORE」においても、移動販売と同様に「商いを通して人と人とのつながりを創出すること」を目指しています。毎日の生活を支える「くらしの基本アイテム」を中心に取り揃え、地域の皆さまのくらしの役に立つことを目指します。

オープン当日は、開店時より多くのお客様にご来店いただき、「酒田に無印良品ができてとても嬉しい」「オープンを心待ちにしていました」などの温かいお言葉をいただきました。
お客様に安心してお買い物を楽しんでいただくため、新型コロナウイルス感染症の拡大予防を最優先に考え、店内の清掃・消毒や従業員の健康管理はもちろんのこと、状況に応じた入場制限や整理券配布などの感染防止対策を取り、お客様と従業員の安全と健康に配慮して営業してまいります。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。