100の良いこと

地域課題の解決拠点 「里のMUJI みんなみの里」

地域課題の解決拠点 「里のMUJI みんなみの里」

1999年3月の開業以来、農業体験を通じた都市農村交流、地域情報の発信基地として幅広く活動してきた千葉県鴨川市にある「みんなみの里」は、2018年4月に当社が鴨川市より指定管理者の認定を受け、「里のMUJI みんなみの里」としてリニューアルオープンしました。

この施設は、生産者の方々が直売する「農産品・物産品販売」の他、地域に必要とされる商品・サービスを備えた「無印良品」、地元の食材を使ったメニューも提供する「Café&Meal MUJI」、地域資源を活用した加工品の開発などに取り組む「開発工房」から構成されます。
開発工房では、地域資源を活用した6次産業化の推進を目的に加工品の研究及び開発、ブランド化を、生産者をはじめ関連団体や事業者とともに進めていきます。地域資源を活用した新たな地域銘品を開発・紹介し、今まで気づかなかった鴨川の魅力を伝えていきます。

住民および生産者とのつながりや交流を生みだし、地域課題の解決拠点となりたいと考えています。地域の方々が「集う」をコンセプトに、地域の生活インフラとしてたくさんの方々のくらしの役に立つ施設を目指します。