100の良いこと

全天候型自動運転シャトルバス「GACHA」へのデザイン提供

全天候型自動運転シャトルバス「GACHA」へのデザイン提供

誰もがわくわくする、幸せのかたちのトイカプセルが、人々を乗せて街を走っている。そんなイメージから自動運転バス「GACHA」は生まれました。

世界中の様々な国・地域において「感じ良いくらし」を提案する無印良品は、生活に必要な商品の販売のみならず、社会でいま起きている様々な課題に目を向けています。自動運転などの先端技術は、都市部はもちろんのこと、より少子化や高齢化が進む地方での課題解決にこそ必要と考えてきましたが、GACHAシャトルバスは、全天候型という特長に加え、個人所有の車ではなく地域でシェアする公共交通機関としての実用化をターゲットにしている点において、無印良品の考え方と合致し、自動運転技術の研究開発を行うフィンランドの企業Sensible 4との共同プロジェクトを2017年よりスタートしました。

前後のないミニマルでフレンドリーなかたちと、ヘッドライトとコミュニケーションLEDが一体のライトベルト、運転席のない広い室内のラウンド型ベンチシートなどがデザインのポイントです。

無印良品は、本体デザインだけでなく、このバスが走る近い未来の地域を創造するグランドデザインでも協力し、移動手段だけでなく、人々の出会いやにぎわい、新しいかたちの地域コミュニティを生む、温かい社会を共創していく装置でありたいと考えています。 近い将来の量産化を目指して、ヘルシンキ近郊都市での実証実験を進めています。

たくさんの人々の「感じ良いくらし」を乗せて、丸くてかわいいバスが街や地域をぐるぐると回遊している。平和で幸せな風景のプラットフォームの役割を「GACHA」は目指しています。