100の良いこと

団地コミュニティ再生の取り組み

団地コミュニティ再生の取り組み

2018年12月、東京都板橋区の光が丘パークタウン内にある、ゆりの木商店街の一角に、"community・communication・commodity"をテーマにした、「MUJIcom 光が丘ゆりの木商店街」をオープンしました。

光が丘パークタウンは、光が丘公園を中心に街の景観や住棟が配置されており、利便性、住環境、都心へのアクセスという3拍子が全て揃った場所です。豊かな緑や公園、商店街、集会所、学校や保育園、地域のお祭りなど、多様なコミュニティと人のくらしが存在します。
無印良品は"居場所の提供"や"くらしの交流"が、団地コミュニティの再生につながるのではないかと考え、オープン前から、当社スタッフと団地住民との雑談会などを催したり、店舗づくりのワークショップに参加いただくことで、住民同士のつながりが生まれるきっかけづくりを行ってきました。
店内には、買い物の途中にひと休みできるシェアスペースや、無料で利用できるシェアキッチンなどがあり、地域の方々が日々のくらしの中で気軽に利用できる場を用意しています。

また、団地ならではの関係性を生かし、フードシェアリングについて考えるイベントなども店舗で開催。食でコミュニティがつながることができるのではないかと、この場所から考えはじめています。

あいさつや何気ない会話が自然に生まれる、地域コミュニティに根付いた"役に立つ"店舗となることを目指します。