100の良いこと

感じ良いケア・ホーム<br>-高齢者向け介護施設リノベーション-

感じ良いケア・ホーム
-高齢者向け介護施設リノベーション-

"スタッフが楽しく働いていれば、自然と明るい施設になる。"
そのような「感じ良いケア・ホーム」を目指し、高齢の居住者と働くスタッフのくらしとつながりを考える、無印良品とIDÉEのリノベーションプロジェクトをスタートしました。
居住者と働くスタッフとの関係性において、環境設備の差があること、そこでの生活は『家』のようであることの2点に着目し、「明るく開かれた、感じ良いケア・ホーム」をコンセプトに場づくりを行っています。

2018年1月には「SOMPOケア ラヴィーレ光が丘公園」を、2019年3月には「SOMPOケア そんぽの家ときわ台」を、無印良品およびIDÉEのデザインでリニューアルしました。現場スタッフとの雑談を繰り返し、介護施設におけるご利用者の快適な生活や、そこで働く社員が楽しく効率的に働ける空間づくりについて、共用空間を"感じ良く過ごす場"とするため、現場のスタッフが自分たちの働く場を考えています。

そこで働くスタッフの意見と個性を尊重し、創意工夫や良心から感じ良いケア・ホームに作り変え、地域に開いた人と人が交流する場にすることで、生き生きと地域に寄り添うケア・ホームを目指します。