100の良いこと

地域とつながる駅空間<br>「京阪枚方市駅」

地域とつながる駅空間
「京阪枚方市駅」

2018年12月、無印良品がデザインした初めての駅空間「京阪枚方市駅」がオープンしました。「いつも使いたい、一度は行ってみたい駅」をコンセプトに、京阪枚方市駅が目指す「駅から始まるまちづくり」の思想と、無印良品の考える「感じ良いくらし」が手を取り合い、地域の方々がつながる"場"として駅空間を考えています。

新しく生まれ変わった京阪枚方市駅の改札構内には、駅と商業施設が一体となった小型のスーパーマーケット「ひらかた もより市」が設けられました。改札の内外と同じ木の素材感を生かしたあたたかみのあるデザインで整えられた店内では、生鮮食品やできたての惣菜、産地や生産方法に"わけ"のあるグロサリーなどに加え、無印良品の冷凍食品やレトルト商品、菓子などを取扱っています。また、軽食や休憩のために立ち寄ることができるイートインを併設、うどんやカレーなど、出汁をテーマにして新鮮な地元食材を用いた食事を味わうこともできます。

また、改札外コンコースを活用して、地域のマルシェやイベント「ひらかたつながる市」を開催するなど、駅の顔となる中央口コンコースを、地域の方々が集う、普段づかいの場所にすることを目指します。

駅空間全体を通じて地域の方々のくらしを応援します。