中国における「無印良品」「MUJI」の商標問題株式会社良品計画の申し立てが認められる

株式会社良品計画が、中国国家工商行政管理総局商標評審委員会に対して審判を申し立てておりました商標問題について、2005年11月30日付けで当社の主張が認められましたのでご報告申し上げます。

この問題は、香港企業である盛能投資有限公司(Jet Best Investment Limited 以下J.B.I.)が中国で商標25類(被服、履物)における「無印良品」および「MUJI」の商標を不正に先行登録していたものです。 当社は2000年5月、中国国家工商行政管理総局商標評審委員会に対してJ.B.I.の商標登録の無効取消を求めておりましたが、今般、同委員会はその取消を命じる審決を下しました。

本審決は、J.B.I.社による「無印良品」、「MUJI」の25類商標登録が悪意を持って行われたものであると中国の商標行政当局が判断したものであり、当社は知的財産権保護という国際基準に沿った、当局の公明正大な審判に敬意と感謝の意を表します。

商標問題経緯

良品計画J.B.I.
中国にて出願(25類他該当商品)中国にて登録(25類)
「無印良品」「MUJI」
1999年11月 出願
2000年 3月 25類のみ拒絶査定
「無印良品」
1994年 2月出願
1995年11月登録
「MUJI」
1994年 3月出願
1995年12月登録
2000年 5月 J.B.I.の登録の無効取消審判請求
2005年 11月30日 商標評審委員会がJ.B.I.による「無印良品」「MUJI」の商標登録の無効取消を審決
J.B.I.は30日以内に北京市第一中級人民法院に提訴することができる
提訴しない提訴する
JBIの商標権の無効が決定人民法院の判決を待つ
良品計画が中断させられていた拒絶査定不服審判の再開を申請
お問い合わせ先
株式会社良品計画 企画室(電話)03-3989-4410
以上