「MUJI to GO」国内初出店「MUJI to GO 東京駅」12月18日(木)オープン

【外観予想図】

株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 金井 政明)と株式会社JR東日本リテールネット(東京都新宿区/代表取締役社長 夏目 誠)は12月18日(木)、旅・移動に便利な小物を中心に品揃えを再編集した新業態「MUJI to GO」の国内初となる店舗「MUJI to GO 東京駅」(売場面積 約50m2)をJR東日本東京駅構内京葉線乗り換えコンコースに開業いたします。

国内初出店「MUJI to GO 東京駅」

「MUJI to GO」は、無印良品が展開する7,000以上のアイテムの中から、「トラベル&モバイル」のコンセプトのもと、移動のライフスタイル、国境のない世界をイメージし、品揃えを800アイテム程度に再編集した新業態です。2007年9月より、旗艦店である無印良品有楽町および無印良品難波にて実験的にコーナー展開を開始し、今年3月15日には香港国際空港(売場面積159m2)に初の単独店舗をオープン、10月22日には米国ニューヨークJOHN F. KENNEDY (JFK) 国際空港(売場面積55.4m2)に新設されたターミナル5に2店舗目をオープンしております。この度出店いたします「MUJI to GO 東京駅」は、世界では3番目、国内では初の単独出店となります。現在、「MUJI to GO」から生まれた商品の構成は約10%となっておりますが、今後は30%の品揃えを目指します。なお、この国内単独出店を機に旗艦店でのコーナー展開は終了いたします。

新業態のねらい

「MUJI to GO」は、「機能的かつシンプルな本質」、「快適かつ実用的な商品」、「自宅でも移動先でも同じ商品を使用できる汎用性」という商品コンセプトによる無印良品の理由(わけ)を凝縮した店舗作りと品揃えを実現します。特に国内店舗では、「たためる/軽量/コンパクト」、「気温調整/吸汗速乾」、「防水/撥水」、「トラベルマネジメント」、「収納/整理整頓」、「リラックス」、「ビジネス」、「ギフト」、「食品」といった9つの生活シーンを意識したテーマ別による売場作りと国際空港やターミナル駅を利用する全世界の人々に向けた世界に通用する高感度なオリジナル商品を開発いたします。「MUJI to GO」は無印良品の全世界への情報発信基地の役割を目指すとともに、新たな顧客層の拡大を図ります。また現在、コンビニエンスをコンセプトとし、卸売業態として株式会社JR東日本リテールネットが運営する「無印良品 com KIOSK」の13店舗については、これまでどおり運営してまいりますが、主要ターミナル駅については「MUJI to GO」への変更も検討される予定です。また、2009年春には成田国際空港、関西国際空港に出店を予定しております。

【MUJI to GO 東京駅 概要】
店舗名 MUJI to GO 東京駅
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内京葉線乗換コンコース
営業時間 8:00~22:00
営業面積 約50m2(約15坪)
アイテム数 約800アイテム
(構成比 衣服・雑貨30%、生活雑貨55%、食品15%)
以上
お問い合わせ先:
株式会社良品計画 企画室(電話)03-3989-4410