JICAと初の共同企画商品を含むMUJI CHRISTMAS Market 2011欧州MUJIを中心に世界展開

株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 金井政明)は、2011年のクリスマスギフト提案「MUJI CHRISTMAS Market 2011」を10月より欧州MUJI直営店を中心に当社が展開する日本を含む21の国と地域全てで展開いたします。2011年の品揃えは独立行政法人国際協力機構(以下JICA、東京都千代田区/理事長 緒方貞子)との初の共同企画商品8アイテムを含む約180のアイテムを展開します。各国での展開は欧州MUJI直営店がフルラインに近い展開をする他、各国で自由にセレクト。日本では大型店中心の16店舗とネットストアにて10月12日より約95アイテムを先行発売する他、11月11日より約180アイテムを全国の無印良品にて展開します。

無印良品の考えるクリスマスギフト

「たくさんの人に気軽に贈る」というのが、無印良品が考えるクリスマスギフトの形です。ヨーロッパ発の心温まる習慣を、欧州MUJI直営店を中心に世界中に発信していきます。決して高価なものではないけれど、どこか心がほっとするもの、思わず笑ってしまうもの、誰かについ教えたくなってしまうものなど、無印良品ならではのギフトを世界中から選りすぐりご提案します。

「贈物が誰かを幸せにする」~JICAと初の共同企画~

2005年より全世界向けにクリスマスギフトを提案してきた無印良品が近年取り組んでいるのが、「贈物が誰かを幸せにする」ということ。これまでは寄付金付き商品などを展開していましたが、2011年はJICAが発展途上国で支援している、地域の特産物を活かした地場産業の振興を通じ、住民による地域活性化をめざす一村一品運動に協力することで、商品を購入することにより、社会に貢献できる商品を開発しました。今回はキルギスとケニアの村から8アイテムを開発。無印良品はこの取組みで開発する商品について、通常の商品と同様の品質およびデザインのレベルを適用しましたが、それぞれの村の皆さんの努力とJICAの協力によって商品化が可能になりました。

お問い合わせ先
株式会社良品計画 宣伝課(電話)03-3989-4538
以上