衣料品リサイクルの新たな取り組み「re-muji」スタートのお知らせ

re-muji

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 金井政明)は、当社が運営し3月5日にオープンする無印良品天神大名で、回収した衣料品を染め直して再販するリサイクルの取り組み「re-muji」をスタートします。

衣料品のリサイクル

re-muji

無印良品は循環型社会を目指す企業として、自社製品のリサイクルを重要なことと考え、衣料を中心とした繊維製品を店頭で回収し、資源としてエネルギーにかえていく取組み「FUKU-FUKUプロジェクト」に2010年から参加しています。全国の約350店舗で回収を行い、2014年までに約60トンの繊維製品をエネルギーに再生させてきました。

しかし、回収したものの中には、まだまだ着用可能な状態の衣料も多くあることに気づきました。日本では古くから、着古して色のあせた服を染め直したり、破れた部分は刺し子をして補強したりすることで大切に扱う技術、文化があります。無印良品ではその先人の知恵を生かし、色を染め直し、世界でひとつだけの新たな衣料として生まれ変わらせ、無印良品天神大名のみでの限定商品として、再販いたします。

現代の技術を使った回収品の染め直し

回収品の染め直しに選んだ色は「藍色」。江戸時代の頃には「紺屋(こうや)」と呼ばれる藍染専門の染物屋があったほど、日本人に身近に親しまれてきた色です。「re-muji」では、現代の染めの技術を取り入れ化学染料を使用することで、色落ちの不安を解消した製品に仕上げます。同じ「藍色」でも3種の濃さを用意※し、選択する楽しみも加えました。
※ 回収した製品の素材や色、状態により、染め上がりの色はそれぞれ異なります。

【商品概要】

  • 紳士用カットソー・シャツ・ボトム、婦人用カットソー・シャツ・ボトム、雑貨
    (全て、無印良品の使用済衣料を回収し染め直した、一点ものとなります。)
  • 価格:2900円(税込)
以上
取材・お問い合わせ先
株式会社良品計画 企画室(電話)03-3989-4410