上海初のCafé&Meal MUJIを併設中国最大 上海世界旗艦店「無印良品 上海淮海ホワイハイ755」オープンのお知らせ

株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑 曉)のグループ会社である無印良品(上海)商業有限公司(中国・上海市/総経理 山本 直幸)は、上海市の主要ショッピングストリートである淮海路に、世界旗艦店となる無印良品上海淮海755を12月12日(土)にオープンします。淮海路沿いの百貨店、淮海755の1~3階に位置し、売場面積が840坪を超えるこの店舗は、中国国内の無印良品152店舗目であり中国最大規模となります。

今回、上海で初めて、中国では成都に続く2店舗目となる、「Café&Meal MUJI」を併設するほか、中国で初めてとなる本と商品の編集売場「MUJI BOOKS」や、お客様とのコミュニケーションスペース「Open MUJI」を導入。さらに、資源を無駄にしない取組「ReMUJI」の商品もこの店舗で初めて販売を開始します。

「木・金・土」で構成した店舗環境

3フロアそれぞれが、異なる自然素材を象徴的に使用した店舗環境となっています。1階は落ち着きのある木材、2階には鉄(金属)のアート空間が広がり、3階はCafé&MealMUJIのキッチンをガラス(土)が取り囲みます。また、1階の入口ですべての人の目に映るのは、長い年月を人間のくらしの道具として活躍し、その役割を終えた古い舟。人間が自然に残してきた足跡をインテリアとして使用し、「先人の知恵」を大事にしてきた無印良品の世界観の一端を表現します。

「感じ良いくらし」のヒントを発見する「MUJI BOOKS」

日本国内で提案してきた「MUJI BOOKS」が、初めて中国に上陸します。この上海旗艦店では、書籍や雑誌を、くらしの中の「衣、食、住、行、育、楽」をテーマに選書し、無印良品の商品と融合した売場を展開します。ゆたかな暮らしの種となる、思いがけない発見やヒントを、MUJI BOOKSで見つけてほしいと考えています。

お客様とのコミュニケーションスペース「Open MUJI」を設置

お客様との直接のコミュニケーションスペースとなる「OpenMUJI」も中国初の展開です。地元を基盤として活躍する職人やクリエイターを招待したワークショップやセミナーを開催するなど、情報発信のプラットフォームとして、OpenMUJIを軸にお客様との交流を積極的に行ってまいります。

中国初「AROMA Labo」「ReMUJI」の導入

複数のエッセンシャルオイルを自由に混ぜ合わせ、オリジナルの香りを試すことができる体験コーナー「AROMA Labo」を中国で初めて導入します。また、衣料品の生産から販売までの過程で発生した商品を、「染め直し」という手法で新たな価値を与え「ReMUJI」として再生し、この店舗限定で販売。「資源を無駄にしない」「モノを長く大切に使って欲しい」という、無印良品の想いをお客様に届けます。

【店舗概要】

無印良品
店舗名無印良品 上海淮海755
所在地上海市黄浦区淮海中路755号
営業時間10:00~22:00
売場面積742坪(約 2,452m2
オープン2015年12月12日(土)
Café&Meal MUJI
店舗名Café&Meal MUJI上海淮海755
所在地上海市黄浦区淮海中路755号 3F(無印良品上海淮海755内)
営業時間10:00~22:00
売場面積102坪(約 338m2
オープン2015年12月12日(土)
以上
取材・お問合せ先
株式会社良品計画 企画室(電話)03‐3989‐4410