生産過程で出る端材れや販売に至らない服を再生再生ウールを利用した衣料品の取り組みについて

株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑曉)は、2016年秋冬シーズンのウール商品のプロモーションとして、古くからあるリサイクルの仕組みに注目し、通常は捨てられてしまう原料を再生し再び糸にした素材を用いた「再生ウール混」シリーズを展開します。

再生ウール ~糸は服から~

ウールが日本に渡来したのは明治時代。貴重だったウールをリサイクルする仕組みは、すでに100年もの間行われてきました。本来なら捨てられてしまう生産過程で出る端材や余り糸、傷がついて販売に至らなかった服、着用後の服などが原料として丁寧に集められ、きれいに洗浄され、厳しく色分けし、短冊に刻み、柔らかいワタ状にして、再び糸に生まれ変わります。すべての工程はウールの一大産地、愛知県一宮と大阪府泉大津の再生ウールを手がける熟練の職人の手により行われています。

無印良品は1980年の誕生以来、商品開発する上での3つの視点として「素材の選択」「工程の点検」「包装の簡略化」を大切にものづくりに取り組んできましたが、誕生以来大切にしている「資源を無駄にしない」の視点から、工場で集めた裁断する際に発生する端切れや服から再生したウールで、暖かく丈夫な服や雑貨をつくりました。

11月2日(水)には、すでに販売しているアウターや雑貨に加え、新たにニットを発売し、全国の店頭およびネットストアでは「再生ウール混」の全てのシリーズが揃います。同商品の一部は、米国のクーパー・ヒューイット・スミソニアン・デザインミュージアムで開催中の、廃棄素材を活用したテキスタイルデザインを紹介する企画展「SCRAPS」の開催に合わせて、同美術館内のショップでも販売され、好評をいただいています。

また、2017年秋冬シーズンからは、無印良品の衣料品の生産過程で発生する裁断端切れや、汚れや傷で販売できなくなった製品の一部を、再び糸にして、素材として再生し、製品化にも取り組んでいく予定です。

Reclaimed Wool 再生ウール
https://youtu.be/LB-PivZ4kEs

11月2日(水)発売予定商品

  • 再生ウール混畔編みセーター(紳士・婦人)価格:税込4,980円
  • 再生ウール混ダウンブルゾン(婦人)価格:税込16,000円
  • 再生ウール混フレンチダウンフード付きブルゾン(紳士)価格:税込19,000円

※発売予定商品の一部です。

展開店舗

国内:
全国の無印良品およびネットストア
海外:
世界20ヶ国のMUJI(273店舗)

※店舗により品揃えは異なります。

報道関係の方のお問い合わせ先
株式会社良品計画 企画室 広報・IR担当(電話)03‐3989‐4410
以上