3回目となるUR都市機構との共同イベント「いつものもしも」防災ワークショップのお知らせ

イベントは終了しました

株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑 曉)は、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)東日本賃貸住宅本部との取り組みにより、同社が運営する町田山崎団地(東京都町田市)にて、防災を学ぶワークショップ「いつものもしも」を3月4日(土)~3月5日(日)に開催いたします。本イベントは今回で2015年の第1回目より数えて3回目となります。

ふだん使いできるモノで行う「防災ワークショップ」

無印良品は、「いつものもしも」という防災テーマで、「ふだん使いできるモノをいざという時の防災用品」として役立てる提案をしています。備えは日常の中にあることが大切であり、それらを「使いこなせてこそ本当の防災力になる」と思うからです。ワークショップは「もしものメモ」「もしものエチケット」など、大人から子供まで楽しく学べるプログラムに加え、今回は「もしもクッキング」と称して大地震発生直後から7日間を生き延びる為の心得を、料理などの実践を通して学べるワークショップの開催も予定しています。

団地内の広場で一夜を過ごすキャンプイベント「団地deキャンプ」

団地が持つ広大な屋外空間は、コミュニケーションの場として、また緊急時の避難場所として、高い可能性を秘めています。少子高齢化、核家族化等により地域のコミュニティが希薄になったと言われる中、この空間を活用し多世代の交流を深めておくことで、緊急時に助け合いのできる関係を築いておこう、そんな思いで「団地deキャンプ」を企画いたしました。町田山崎団地居住者の希望者及び一般参加希望者と合わせて40~50名に、緊急時等に屋外で過ごすことを想定し、テントで宿泊していただく体験イベントです。

イベント概要

防災ワークショップ「いつものもしも」(雨天決行)

主催:
UR都市機構、町田山崎団地自治会・自主防災会
企画・運営:
株式会社 良品計画
運営協力:
桜美林大学、コールマンジャパン株式会社(50音順)
開催日時:
2017年3月4日(土)、3月5日(日)各日とも11:00~16:00
※複数のプログラムをひとつのブースで体験できます。
※参加費無料
※一部のワークショップで事前予約を承ります。
詳細は2月中旬に無印良品のイベントページでご案内予定です。
https://www.muji.com/jp/events/

「団地deキャンプ」(雨天決行)

主催:
UR都市機構
企画・運営:
コールマンジャパン株式会社、株式会社 良品計画(50音順)
運営協力:
桜美林大学、町田山崎団地自治会・自主防災会、株式会社ルネサンス(50音順)
開催日時:
2017年3月4日(土)13:00集合・3月5日(日)10:00終了・解散予定
※参加人数(予定):40~50名(テント15張分程度)

参考URL

DANCHI Caravan 特設サイト

http://www.ur-net.go.jp/o-ldk/event/index.html
※「団地deキャンプ」の参加者募集についてはこちらをご確認ください。

くらしの良品研究所 プロジェクトいつものもしも

http://www.muji.net/lab/project/prevention/

取材・お問合せ先
株式会社良品計画 企画室 広報・IR担当(電話)03‐3989‐4410
以上