無印良品メッセージ「気持ちいいのはなぜだろう。」展開について

株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑 曉)は、8月28日(金)から新しい無印良品メッセージを全世界で展開します。同時に、書籍「掃除 CLEANING」を全国の無印良品および書店にて発売いたします。

2020年、無印良品は40周年を迎えます。生活の基本となる本当に必要なものを、本当に必要なかたちでつくるという、生活美学への探求を続けてきた無印良品は、40周年に際して、「掃除」をテーマとして取り上げます。掃除という、文化や文明を超えたごく普通の営みの中に、感じ良い暮らしの本質が潜んでいるのではないかと考え、当たり前の暮らしに目をこらし、大切なものを発見し、学んでいくという無印良品の姿勢を伝えるメッセージです。

無印良品Webサイト内 特集ページ:https://www.muji.com/jp/message/2020/ja/

無印良品メッセージ「気持ちいいのはなぜだろう。」展開

8月28日(金)より、無印良品メッセージ「気持ちいいのはなぜだろう。」を全世界同時に展開します。特集ページは、日本の無印良品Webサイト内のみならず、無印良品が展開するすべての国・地域のWebサイトにて17の言語で同時発信します。また、世界の掃除をテーマとした5本の映像を特集ページにて定期的に(2週間に1本)順次公開し、それらの映像をベースとしたショートムービーを毎日SNSにて配信していきます。加えて、9月2日(水)の一部新聞全国紙朝刊にて新聞広告を掲載し、8月28日(金)より日本全国114局にてテレビCMも放映開始します。

また、無印良品店舗のビッグビジュアルも8月28日(金)より変更し、メッセージと連動した商品プロモーションを展開します。元来、暮らしをシンプルで美しくすることを目指す無印良品の全商品は掃除に通じるものがあり、「気持ちいいのはなぜだろう」という問いにこたえるものでありますが、8月28(金)から9月24(木)までの商品プロモーションは、身の回りの「掃除用具」に注目します。

開始日/
掲載日
掲載場所掲載内容
日本国内日本以外の国・地域
特集ページ8月28日無印良品のWebサイト内30ヶ国・地域のWebサイト内(17言語)無印良品メッセージ2020「気持ちいいのはなぜだろう。」
映像8月28日特集ページにて特集ページにて「世界の掃除」をテーマとした5本の映像
SNS配信8月28日・良品計画が運営するSNS媒体公式アカウント
(Instagram/Twitter/Facebook/LINE/YouTube)
・各国・地域が運営するSNS媒体公式アカウント
「世界の掃除」をテーマとした5本の映像やそれらをベースにしたショートムービー
新聞広告9月2日一部全国紙朝刊タイランド、台湾の新聞媒体にも掲載予定新聞広告掲載メッセージ「水や空気のように。」
テレビCM8月28日全国114局-「世界の掃除」をテーマとした映像
店頭プロモーション8月28日無印良品全店舗無印良品全店舗・ビッグビジュアルの変更(全世界)
・商品プロモーションの展開(国・地域によって異なる場合があります)

【新聞広告掲載メッセージ「水や空気のように。」】

奈良の長谷寺では、朝5時から掃除がはじまります。350年以上にわたり、礼堂の板敷きの床は毎日拭き続けられてきました。2019年、無印良品は世界中の掃除のシーンを撮影していました。COVID-19が世界を席巻する前のことです。文化や文明を超えて営まれる、掃除というごく普通の営みの中に、ヒトという生き物の本質がひそんでいるのではないかと考えてのことでした。無印良品が探求する感じ良い暮らしや社会のヒントがそこに見えるかもしれないと。世界が止まってしまった今、その写真や映像をあらためて見直すと、ごくあたり前の暮らしがとてもいとおしく感じられます。写っているものはまぎれもなく人間本来の営みです。どんなに技術が進んでも、人間は生身の身体そのものであり、よく食べ、よく歩き、よく眠り、せっせと掃除をしながら、生きる幸せの手ごたえを感じていくのでしょう。無印良品は良心とクリエイティブによって誕生しました。シンプルで美しい暮らしを願うお客様とともに、感じ良い暮らしと社会に向かって、最良で最強な「くらしの基本と普遍」を共創していきたいと思います。地に足をつけ、額に汗して働く清々しさと、人間と自然の良い関係を模索し、同じ想いの人々と手をたずさえながら、地域社会のお役に立てる誇りと充足感を共有し、それぞれの地域や暮らしに無くてはならない存在を目指します。

【ビジュアル】

イランでは新年を迎える前に、村人が一斉に川に集まって、毎日使っている絨毯を洗います。
いわば村中総出の大掃除。
リーダー格のお母さんが高らかな声で合図をすると、
ラッパや太鼓の鳴り物が入って、掃除にいっそう気合が入ります。
中国、天津で行われた10名の清掃員による高層ビルの一斉窓拭き。
人力で行う掃除は健気に見えます。
ビルの壁面に音符のように連なる人々。
掃除はモップとスキージーでリズムよく行われます。
中国の山東省の光景。
少し古い掃除マシンですが、今でも現役で頑張っています。
先端の中国も刺激的ですが、
こんな機械を考案した時代に想いを馳せるのも幸せなことです。
巨大船を高圧清浄機で掃除する模様です。
ドックに入渠させ水抜きをし清浄。
運行中に付きした貝殻やゴミなどを定期的に落とすことにより
船の推進力が増えます。
毎年8月7日、東大寺では大仏の「お身拭い」が行われます。
早朝、白装束に身を包んだ僧侶や信者たちが集まり、
湯屋で身を清めた後に一斉に掃除が行われます。
おそらくは参加した人々の心や気分も、晴れやかになることでしょう。

書籍「掃除 CLEANING」

世界中の掃除を採集し、拭く、磨く、除くなど16 項目に分類した総504ページにわたる写真集です。8月28日(金)より、日本国内無印良品123店舗と無印良品のネットストアにて先行発売します。10月上旬より、日本国内無印良品全店舗および一般書店にて販売し、海外において11月以降順次販売する予定です。
ページ数:504ページ
定価:本体2,500円(消費税別)

8月28日(金)販売店舗リスト(PDF)
ネットストアリンク

報道関係の方のお問い合わせ
株式会社良品計画 広報・サステナビリティ部 rk-pr@muji.co.jp
以上