トップメッセージ

代表取締役社長(兼)執行役員 松﨑 曉

2016年度の国内事業は、化粧水や「アロマディフューザー」を中心としたヘルス&ビューティや、「シリコーン調理スプーン」などのハウスウェア、「不揃い宇治抹茶チョコがけいちご」をはじめとする食品が底支えし、堅調に推移いたしました。これは、MUJI passportアプリを通じた双方向のコミュニケーションや接客力向上への継続した取組みが、多くのお客様の共感を呼び、結果的に売上高に奏功したものと考えております。さらに「無印良品近鉄あべのハルカス」をはじめとする一部の新店に導入した、MUJI BOOKSやOpenMUJIといった新しいコンテンツやサービスも来店動機となり、客数増に貢献しました。また、サークルK・サンクスへの商品供給を開始し、販売チャネルが拡大した年度となりました。

一方の海外事業は、引き続き好調に推移いたしました。とりわけ中国は2016年12月に200店舗目がオープンし、海外事業の売上高・利益高を牽引しております。2016年8月には、インドにおける日本の小売業1号店である「MUJI Palladium」をオープン、現地で大きな話題となりました。さらに5月にサウジアラビア、同じ8月にバーレーンにそれぞれの国の1号店を出店し、これらを含む海外の展開店舗は26の国・地域において403店舗となり、いよいよ2017年度中には海外の店舗数が日本国内を上回る見込みです。

これらの結果より、中期経営計画の最終年度であった2016年度は過去最高益を更新し、2017年度より新たな中期経営計画(2017~2020年度)がスタートしました。基本方針を『現場を中心に据えて大切にし、全員で「良心とクリエイティブ」を実践する風土と仕組みをグローバルに発展させる』ことにおき、2020年度の営業収益 5,000億円、営業利益 600億円、ROE15%以上を数値目標として掲げております。目標達成に向けては、グローバルサプライチェーンマネジメント向上、商品開発力の向上、グローバル人材育成、コーポレートガバナンスの実現の4点に重点的に取り組んでまいります。

2017年度も、持続可能なグローバル企業として世界の人々に信頼される商品とサービスを提供することで、社会に貢献できるよう努めてまいります。今後とも格段のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長(兼)執行役員 松﨑 曉
松﨑 曉