百貨店における新しい大型店展開モデル「無印良品近鉄四日市」オープンのお知らせ

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑曉)は、近鉄百貨店四日市店(三重県四日市市)5階に、百貨店における新しい大型店展開モデルとなる「無印良品近鉄四日市」を2018年11月20日(火)にオープンすることをお知らせします。

無印良品は、商品やサービスを通じて、人と人、人と社会、人と自然をつなぐ存在でありたいと考えています。地方コミュニティにおいて、その地域で長く愛用されてきた老舗百貨店は地域住民の「集いの場」としての役割を果たしてきた一方で、小売を巡る環境の変化に伴い、百貨店の位置づけも以前とは変わりつつあります。

四日市市の中心地において開業から半世紀を超える近鉄百貨店四日市店は、「地域とともに成長する店」「地域共創型の店づくり」のテーマの下で全館リニューアルを実行中です。当社は、百貨店の新たな形態への変革を目指す近鉄百貨店四日市店に共感し、無印良品の出店に関してのみならず、全館リニューアルのコンセプトワークから共に行ってきました。品揃えは豊富だが敷居が高いイメージから、より生活者に寄り添った「毎日来たくなる場所」へと転換していくための具体的プランについて議論を続けています。

その結果、近鉄百貨店の5階において、東海地方で最大の面積を誇る約 2,200m2の「無印良品」および三重県内で初出店となる「Café&Meal MUJI」をオープンすることに加え、この百貨店を地域住民同士のつながりをつくる活動拠点とするための「百貨店内の空間づくり」の協業や、「ワークショップ・イベントの定期開催」を決定するに至りました。四日市市周辺で暮らす方々が、居心地の良い空間や様々なイベントを通して地域の魅力に改めて気づき、近鉄百貨店四日市店を毎日利用してくださることを目指しています。

百貨店内の空間デザイン

無印良品と同じ5階フロアに位置する催事場を皮切りに、百貨店内の共有スペースのデザインを無印良品が提供しています。無印良品店舗と同日にオープン予定の7階のレンタルオフィスや、各階に設置予定の休憩スペースにおいて、床材や家具の配置等、無印良品のコンセプトに沿って編集を行った空間を、段階的に導入してまいります。

ワークショップおよびイベントの定期開催

近鉄百貨店四日市店と無印良品が共同で、四日市市に古くからある伝統工芸や地域の歳時イベントを再発見し、百貨店内の共有スペースや無印良品店内の「Open MUJI」でのワークショップやイベントにおいて、広く紹介していきます。お客様同士やお客様と地域がつながる機会を創出することで、地域の役に立つ存在でありたいと考えています。

なお、無印良品店舗についての詳細情報は、追ってお知らせいたします。

店舗概要

無印良品
店舗名無印良品近鉄四日市
所在地〒510-0086
三重県四日市市諏訪栄町7-34 近鉄百貨店四日市店 5階
売場面積約2,200m2
オープン日2018年11月20日(火)
導入する主なサービスOpen MUJI、MUJI BOOKS、刺繍カウンター、香り工房、木育広場
Café&Meal MUJI
店舗名Café&Meal MUJI近鉄四日市
所在地〒510-0086
三重県四日市市諏訪栄町7-34 近鉄百貨店四日市店 5階
店舗面積約230m2/席数 約70席
オープン日2018年11月20日(火)
報道関係の方のお問い合わせ
株式会社良品計画 企画室 広報・IR担当(電話)03-3989-4410
以上