ガバナンス

グループコンプライアンス行動指針

1|行動規範

「良品」ビジョン

「良品」には、あらかじめ用意された正解はない。しかし、自ら問いかければ、無限の可能性が見えてくる。

企業理念

良品価値の探求 Quest Value:「良品」の新たな価値と魅力を生活者の視点で探求し、提供していく。

成長の良循環 Positive Spiral:「良品」の公正で透明な事業活動を通じ、グローバルな成長と発展に挑戦していく。

最良のパートナーシップ Best Partnership:仲間を尊重し、取引先との信頼を深め、「良品」の豊かな世界を拡げていく。

行動基準

1. カスタマー・レスポンスの徹底

2. 地球大の発想と行動

3. 地域コミュニティーと共に栄える

4. 誠実で、しかも正直であれ

5. 全てにコミュニケーションを

2|コンプライアンス行動指針

「良品計画グループコンプライアンス行動指針」

目的

本規範は、良品計画グループで働く仲間の一人一人が企業理念に基づき、法令や企業倫理を遵守することの大切さを理解し、企業の社会的責任を果たすためのものです。

基本姿勢

誠実で、しかも正直であれ

1. 国内外の法令、社内規則類を守ります。

2. 社会人として良識と責任をもって行動します。

3. 良品計画に関わる全ての人々の信頼に応えます。

4. 良品計画は反社会的勢力には毅然と対応し、利益供与は行いません。

遵守事項

1. 商品、サービス

① お客様の立場に立った商品とサービスを提供します。

② 関係法令で定められた安全と品質の基準を満たす商品を提供します。

③ 万が一、商品・サービスに関して事故・トラブルが発生した場合には、すぐに適切な対応を行います。

2. 公正な取引

① 良品計画とお取引先様は、ともに企業の社会的責任を自覚し、法令を遵守します。また地域の特性や文化を尊重し、地球環境、労働環境に配慮し、製品の安全性の向上に取り組みます。

② 公正な取引関係のもとに必要な素材やサービスなどについて適切な品質、価格および納期で取引します。

3. 働く仲間の尊重

① 無印良品に関わり、働く仲間たちの永続的な幸せの実現を目指します。

② 働く仲間の心身のゆとり、豊かさ、プロフェッショナルとしての成長を追求します。

③ 働く仲間の個性、人権、プライバシ一を尊重し、差別を排除し、いかなるハラスメントも許しません。

④ 性別、国籍、民族、宗教等の多様性を尊び、違いから学び、互いに助け合い成長します。

4. 環境への配慮

① 人体や環境に深刻な影響をもたらすと懸念される物質については使用を制限し、又は取り止め、使用する場合は情報を公開します。

② 天然の素材についてはトレーサビリティーの確保に努めます。

③ モジュールの統一、分別可能、包装の簡略化を取り入れ、廃棄物の削減に努めます。

5. コミュニケーション

① 株主・投資家・働く仲間・顧客・取引先・地域社会等に対して、法令等によって開示が求められているものはもちろん、それ以外でも有用で信頼性のある情報を開示します。

② 社内外に対して、不正な事実を隠したりしません。

③ 不正や法令違反、会社や社会に損害を及ぼすおそれのある事実等があった場合には直ぐに上長、同僚に報告、相談することが奨励されます。それができない、またはそれで解決できない場合には良品計画グループヘルプラインに通報します。また通報することにより通報者が不利益を被ることを許しません。

6. 情報の管理

① お客様の個人情報についてはその取り扱いに十分注意し、その保護に努めます。

② 知的財産所有権、ノウハウ又は営業上の機密事項などの情報に関しては関係法令・ルールを守り、第三者の権利を尊重すると共に、自己の財産の保護に努めます。

・「良品計画グループコンプライアンス行動指針」を定め、社内のインフラに掲載するとともに、取締役、監査役、執行役員、従業員に配布する冊子にも併せて掲載しております。グループコンプライアンス行動指針については、取締役会で適宜レビューを実施しており、改廃する際にも取締役会で十分に議論した上で決定しています。

・定期的に開催されるコンプライアンス・リスク管理委員会においては、グループコンプライアンス行動指針の遵守状況のレビューを行い、違反があった場合は調査を行いその内容及び原因を特定し、再発防止策を検討しています。また、コンプライアンス・リスク管理委員会において、グループコンプライアンス行動指針の有効性について定期的な検証を行っています。

・2019年は、当社グループの事業運営に関わる重大なコンプライアンス違反の発生はありませんでした。また、政治献金を行っていないことを確認しました。2019年度のコンプライアンス違反の件数は、8件でした。これについては、発生事象を全社に通知するとともに、社内研修等を通じてコンプライアンスの重要性についての教育を徹底いたしました。

3|従業員向けホットライン

・グループコンプライアンス行動指針の違反や法令違反・コンプライアンス違反(腐敗防止を含みます)、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントその他役員や従業員による不適切な行為を発見した場合に、お取引先や一般のお客様が匿名で通報・相談できる窓口として「良品計画グループヘルプライン」及び「お客様室」を設置しております。

・一般のお客様からのお問い合わせは、ホームページにお問い合わせページを設定し公開しています。

4|腐敗行為防止への取組み

・良品計画グループは、取締役会にて腐敗防止に関する規程(※「良品計画グループ 贈賄防止規程 贈賄防止ガイドライン」)を定め、公務員等への贈賄を禁止し、接待・贈答、招聘、寄附行為、ファシリテーションペイメント、インサイダー取引、マネー・ローンダリング、横領、司法妨害等について腐敗防止関連法規の遵守を徹底しています。贈賄については規程により明確に禁止しています。また、接待・贈答、招聘、寄付行為等についてはコンプライアンス・リスク管理委員長の事前の決裁をとるものとし、同委員長が適切と認めたものについてのみ承認をしています。また、就業規則において、業務に関連して不当な供応、不当な金品貸借及び授受等の行為をしてはならないことを定め、腐敗行為を禁止しています。

・監査室は、腐敗防止に係る当社の諸施策が適正に実施されていることを確認するため、監査を行い、監査の結果問題が発見された場合はコンプライアンス・リスク管理委員会において対策を検討します。腐敗防止違反が発見された場合は速やかにコンプライアンス・リスク管理委員会に報告されるものとなっており、コンプライアンス・リスク管理委員会は取締役会へ報告の上、これに対処するとともに、規程自体の改善も検討いたします。

・コンプライアンス・リスク管理委員会では、想定されるリスクに関して各部門が認識し対応を把握するため、「リスク管理一覧表」を作成し、良品計画の業務マニュアルと連動させることにより具体的対応の周知、徹底を図っております。また、各部門はリスクに関する事項について、定期的に見直しを行い、このリスク管理一覧表を更新しております。リスク管理一覧表には各部門が贈賄防止、腐敗防止についての項目も挙げており、これらをリスクとして評価、管理しています。

・良品計画グループのビジネスパートナーは、良品計画と取引をするに際し、「生産パートナー行動規範」を遵守することを誓約しています。行動規範においては、良品計画のビジネスパートナーは政治・行政との健全かつ正常な関係を保ち、あらゆる形態の贈収賄、汚職、ゆすり、横領を行わないこと、また、良品計画のビジネスパートナーが引き受ける全ての商取引において、贈収賄行為を阻止する適切な手続きを整備することを定めています。また、当社のビジネスパートナーは、行動規範の遵守状況を確認するための当社の調査、及び良品計画のサステナビリティ活動として行われる第三者による工場監査(ソーシャルオーディット)を受け入れること、並びに行動規範の遵守違反が発見された場合、速やかに是正措置を講じ、良品計画に是正措置実施の証拠を提出することを誓約しています。尚、ビジネスパートナーには、工場、中間業者、代理店など、当社と取引を行う全てのEntityを含みます。

・良品計画グループは、従業員による腐敗防止遵守を徹底するため、従業員に対して定期的に研修を行い、腐敗防止の方針を全従業員に周知しています。

・2019年度、良品計画の腐敗防止規程違反または就業規則に定める腐敗に関する服務規律違反により懲罰または解雇された従業員はおりません。また、良品計画が腐敗行為に関連し罰金、課徴金または和解金を支払った例はありません。

5|ビジネスパートナー行動指針