月次概況(2017年度)

売上高前年比

※10月次の全社売上高に占める直営既存店の比率は51.7%となります。

(単位:%)
直営 L.S(西友含) 直営+L.S
既存店 既存店 既存店 全社 全社(海外供給除く)
2017年3月 102.1 109.1 104.5 103.1 102.4 108.1 114.4 109.9
4月 108.9 113.0 107.1 104.4 108.6 111.6 110.2 109.8
5月 104.4 109.8 104.4 100.7 104.4 108.3 108.3 108.8
第1四半期 105.0 110.6 105.8 102.7 105.1 109.3 111.5 109.5
6月 108.8 112.2 108.1 104.9 108.7 111.0 113.9 112.4
7月 112.4 115.3 108.3 107.3 111.8 114.1 116.7 115.1
8月 112.5 116.5 109.8 105.9 112.2 114.8 120.2 113.3
第2四半期 111.3 114.5 108.6 106.0 110.9 113.2 117.3 113.6
上期計 107.9 112.3 106.9 104.2 107.8 111.0 114.1 111.3
9月 108.0 114.5 107.5 100.9 107.9 112.3 107.3 104.0
10月 101.3 106.1 98.5 96.0 100.9 104.5 102.9 103.9
11月 - - - - - - - -
第3四半期 - - - - - - - -
12月 - - - - - - - -
2018年1月 - - - - - - - -
2月 - - - - - - - -
第4四半期 - - - - - - - -
下期計 - - - - - - - -
2017年度計 - - - - - - - -
チャネルについて
※既存店:前々年度までにオープンした店舗
(年度:毎年3月から翌年2月まで)
※LS=ファミリーマート・comKIOSK以外の商品卸売先の店舗
前年比数値について
※直営・LS数値:店舗売上高(売価ベース)前年同月比
※全社数値:直営店頭売上高+ネットストア+全ての卸売高(LS、西友、ファミリーマート、comKIOSK)の前年同月比

部門別売上高前年比

(単位:%)
衣服・雑貨 生活雑貨 食品 合計
直営既存 112.9 94.4 94.9 101.3
直営全店 117.8 99.1 99.9 106.1

客数・客単価前年比

(単位:%)
客数 客単価
直営既存 101.0 100.3
直営全店 105.6 100.5

出店情報

  • Café&Meal MUJI 上野マルイ(東京・直営)

販売状況

全体
順調に気温が低下し、秋冬物の衣料品を中心に売上は大きく上昇しましたが、月後半は週末に相次いだ台風の影響で客数が伸び悩みました。衣服・雑貨では紳士婦人ともにニット、アウターが人気で、特にヤクウール素材とウールシルク素材のセーター、フレンチダウンブルゾンの販売が好調でした。 生活雑貨ではケット、スリッパなどの季節ファブリックのほか、ハウスウェア、ヘルス&ビューティー用品は好調でしたが、前期に実施した配送料無料のキャンペーンの影響で、家具全般、家電など大型商品の売上が苦戦しました。食品ではレトルトや新規の菓子が堅調に推移しましたが、その他のアイテムの売上が前年実績を下回った結果、直営既存店の売上高は前年比で101.3%となりました。

過去の月次概況

経営情報

財務・業績情報

IRカレンダー

IRライブラリー

株式情報

主な事業

FAQ

免責事項

shared research

シェアードリサーチ社による当社の調査レポート