中国最大規模のオンライン決済サービス無印良品での「微信支付(WeChat Pay)」決済導入のお知らせ

株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑 曉)は、無印良品での新たな決済手段として、中国最大規模のオンライン決済サービス「微信支付(WeChat Pay)」を4月4日(木)より銀座店を含む全国4店舗で、また4月17日(水)より順次対象店舗を拡大して導入いたします。

「微信支付(WeChat Pay)」は、中国IT企業の騰訊(Tencent)社が開発したスマートフォン向けコミュニケーションアプリ「WeChat」の決済プラットフォームです。2013年8月からサービス提供が開始し、現在のユーザー数は世界で約8億人となり、中国のモバイル決済市場で大きなマーケットシェアを誇ります。

弊社では、2015年4月より、外国人旅行客のショッピングの利便性向上を目指し、インバウンド需要の高い店舗にて免税対応を開始し、継続して快適なお買い物サポートに取り組んでまいりました。この度、その中でも大きな割合を占める中国人のお客様の利便性向上のため、新たな決済手段としての「微信支付(WeChat Pay)」を一部店舗で導入いたします。

今後も引き続き、無印良品をご利用いただくお客さまの利便性向上を図ってまいります。

「微信支付(WeChat Pay)」決済 概要

サービス開始日:
2019年4月4日(木)
対応店舗:
無印良品 銀座、無印良品 新宿、無印良品 グランフロント大阪、無印良品 難波

※2019年4月17日(水)より順次対象店舗(無印良品、Café&Meal MUJI)を全国約250店舗へ拡大予定

報道関係の方のお問い合わせ
株式会社良品計画 広報・サステナビリティ部(電話)03-3989-4410
以上