新型コロナウイルス感染症の影響で余剰となった農作物の活用[終了しました]「千葉県南房総の花」販売のお知らせ

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑 曉)は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け余剰となっている生花を無印良品店舗にて販売します。まずは千葉県南房総地域の花卉生産者から直接仕入れ、4月17日(金)より無印良品 銀座にて先行販売を実施します。翌週以降は、都内を中心に展開店舗を順次拡大してまいります。

販売を通じた花卉生産者支援

千葉県南房総地域は、温暖な気候を生かした花の栽培が盛んな地域のひとつです。当社は以前より、千葉県鴨川市の総合交流ターミナル「里のMUJI みんなみの里」の運営をはじめとした地域連携の取り組みを進めており、今回の仕入先となった花卉生産者の方々とも、その交流の中でつながりました。

一方、新型コロナウイルス感染症による影響で、式典やイベント等の中止や延期、規模縮小が全世界で相次いでいるのは周知のとおりですが、これらに向け計画的に作付けされていた花は販売のめどが立たず、また花屋の休業や海外輸出の停止も重なり、行き場のなくなった花はやむなく圃場で廃棄せざるを得ない場合もあると聞きました。

無印良品では、余剰となった生花を生産者から直接仕入れ、店頭で販売することで、生産者の方々への支援に繋げることと、お客様のくらしにさらなる豊かさと彩りが加わることを目指します。まずは無印良品 銀座で4月17日(金)より先行販売し、翌週以降、都内を中心に取り扱い店舗を拡大します。天候や生産状況によって変動しますが、その週に仕入れることが可能な3~4品種の展開を予定しており、同品種3本をまとめた1束を399円(消費税込み)で販売してまいります。

店頭で展開する花の種類は限られますが、各品種の特徴や1種類で飾る際のコツ、長持ちさせるコツなどの情報も添え、花のあるくらしを気軽に楽しんでいただきたいと考えています。家の中で過ごす時間が長くなっている今、部屋に季節の花を飾ることでリフレッシュしていただきたいという思いを込め、これまで花を頻繁に買う習慣の無かった方でも身近に感じていただけるよう、グラスやボウルを使った無印良品らしい楽しみ方を店頭で提案します。

学校給食用の「牛乳」や旬の「いちご」を使ったメニューの提供

新型コロナウイルス感染症の拡大は、その他の農作物にも大きな影響を与えています。全国の小中学校の休校に伴い、給食として提供されるはずだった牛乳の一部は行き場を失い余剰となったり、春のいちご狩りシーズンに合わせて農園で大切に育てられてきたいちごも、観光客の減少によって摘まれないまま旬が過ぎてしまっています。

それらを千葉北部酪農農業協同組合や、千葉県・埼玉県のいちご農家の方々からCafé&Meal MUJIが仕入れ、「いちご牛乳」などのドリンクとして期間限定で販売します。生産者の方々の想いがつまった牛乳やいちごのメニューを通じて、お客様にくつろぎのひとときを味わっていただくとともに、生産者の方々の支援に繋げることを目指します。

商品情報

「千葉県南房総の花」

商品名千葉県南房総の花
商品規格1束(約3本)
販売価格消費税込 399円
取り扱い品種バラ、ヒマワリ、ユーカリ、スターチス、レースフラワー、テマリソウなどの中から3~4種類を展開予定
※ 天候や入荷状況によって取り扱い品種は変動いたします。
※ 週1回の入荷予定です。売り切れ次第、その週の販売は終了となります。
販売開始日2020年4月17日(金)~
販売店舗【4月17日(金)~】
無印良品 銀座
【4月25日(土)~】
無印良品 新宿、MUJI 新宿、無印良品 リヴィン光が丘、無印良品 リヴィンオズ大泉、無印良品 セブンタウン小豆沢、無印良品 イオン板橋
※ 営業状況により、変更となる可能性がございます。

「いちご牛乳」「牛乳」

商品名いちご牛乳/牛乳
販売価格消費税込 350円(いちご牛乳)
消費税込 250円(牛乳)
販売期間4月24日(金)~5月6日(水)
販売店舗Café&Meal MUJI 新宿、Café&Meal MUJI 日比谷、Café&Meal MUJI 府中ル・シーニュ、Café&Meal MUJI みんなみの里、無印良品 銀座(1Fジューススタンド)、Café&Meal MUJI ホテルメトロポリタン鎌倉(4月24日オープン予定)
※ 営業状況により、変更となる可能性がございます。
報道関係の方のお問い合わせ
株式会社良品計画 広報・サステナビリティ部 rk-pr@muji.co.jp
以上