ニュースリリース

ウクライナ近隣国で避難生活を送る人々に生活物資の支援を実施

2022.06.07

  • Facebook
  • Twitter
  • メール
  • URLをコピー

    クリップボードにコピーされました

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 堂前 宣夫)の欧州拠点であるMUJI EUROPE HOLDINGSは、現地ビジネスパートナーの協力のもと、ウクライナ近隣国で避難生活を送る人々への人道支援として、避難生活に役に立ていただくための物資、約2万点の支援の実施を決定しました。こちらの物資は、ポーランドとウクライナにて配布する予定です。

<提供する生活物資>

無印良品の紳士服、婦人服、子供服、インナーウェア、ブランケットなど、合計約2万点
(約10万GBP/1,600万円相当分)

良品計画グループは、この事態が一刻も早く平和的に解決されることを願うとともに、その他の支援策についても引き続き実施をしてまいります。

【ご参考】これまでの支援内容

  • 日本国内ウクライナ避難民の受け入れおよび生活支援
    日本国内において政府の認定を受けたウクライナ避難民への支援を実施しています。政府および関係各所と具体的な計画について協議を行いながら、ウクライナの避難民へ生活必需品の提供などのサポートを行っています。今後、避難民の方々からのご希望に応じて就業機会を随時提供するなど、継続的に生活できる環境を構築してまいります。
  • 避難している子供に向けた「アートセラピー」ワークショップ用の画材100セット寄付
    ウクライナから避難している子供たちの心のケアを目的に、隣国のポーランドにて「アートセラピー」のワークショップを開催した特定非営利活動法人「子供地球基金」の活動に対して、無印良品の色鉛筆、らくがき帳、折り紙などの画材100セットを現地に送付し、「子供地球基金」に提供しました。
  • 「ウクライナ避難民への人道支援」募金プログラム
    2022年3月15日より、「無印良品の募金券」にて「ウクライナ避難民への人道支援」募金を受付ています。皆さまからお預かりした募金額と同額を当社が加算し、合わせて特定非営利活動法人「ジャパン・プラットフォーム」の「ウクライナ人道危機2022」プログラムに寄付しています。寄付金はウクライナおよび近隣諸国で避難生活を送る人々への食料、生活物資、仮設住居、水衛生、医療など、人々の命と安全を守るための緊急性の高い支援に充てられます。
Share:
Facebook
Twitter
メール
URLをコピー

クリップボードにコピーされました

報道関係の方のお問い合わせ

株式会社良品計画 広報・ESG推進部広報課
rk-pr@muji.co.jp