ニュースリリース

地域活性化と地域資源の活用による社会課題解決を目指す 津南町との連携協定締結のお知らせ

2022.09.14

  • Facebook
  • Twitter
  • メール
  • URLをコピー

    クリップボードにコピーされました

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 堂前 宣夫)は、新潟県津南町(町長 桑原 悠)と、地域の活性化と社会課題の解決を目指し、「津南町と株式会社良品計画の地域活性化等に関する連携協定(以下、本協定)」を締結いたしました。

町民と共に地域活性化に取り組む体制を構築するとともに、地域資源の活用による社会課題の解決を目指して

当社は、「感じ良い暮らしと社会」の実現を目指して各自治体や地域住民と一緒に地域を活性化していくさまざまな取り組みを進めるとともに、地域に開かれた店舗運営を通じて人と人、人と自然、人と社会をつなぐ場となることを目指しています。また、地産地消や雇用創出、まちづくりなど、各自治体と連携して"新たな価値の共創"を目指す取り組みを全国各地で推進しています。

津南町では、1995年の「無印良品 津南キャンプ場」の開設以降、津南の人々が守り育んできた大きな自然の中で、自然環境と共生する宿泊体験の提供を行ってきました。一方で、津南町は全国的にも高い水準で人口減少・高齢化が進んでおり、持続可能なまちづくりが喫緊の課題となっています。こうした課題に対し、従来のキャンプ事業の枠を超え、町民の皆さまと共に地域活性化に取り組むことを目的に、このたびの津南町との連携協定の締結に至りました。本協定に基づき、当社では津南町と協同して町の最大の魅力である雪・水・森林といった豊かな自然と里山の暮らしを最大限活用し、持続的な健康・幸福(Well-being)を実現するサービス提供を目指すとともに、次世代育成を行ってまいります。

当社は、津南町が抱える地域課題にともに向き合い、これまでの各都市での出店や地方自治体との取組から培った経験を活かし、地域社会の発展と豊かな暮らしの実現に寄与していきたいと考えています。さらに、これらの取り組みを域外に発信・拡大させ、津南町を起点として他地域及び日本全体の社会課題の解決にも貢献していきます。

協定における連携分野

本協定では、上記の目的を達成するために以下の分野を中心に連携し、協力してまいります。

  1. 里山の自然と暮らしを活用した町民の幸福の追求(Well-being)に関すること
  2. 産業・地域振興に関すること
  3. 津南町の地域性に応じた脱炭素社会と暮らしの実現に関すること
  4. 次世代リーダーの育成に関すること
Share:
Facebook
Twitter
メール
URLをコピー

クリップボードにコピーされました

報道関係の方のお問い合わせ

株式会社良品計画 広報・ESG推進部広報課
rk-pr@muji.co.jp