©paak design Inc.

宮崎県「日南駅」の駅舎リニューアルに協力しました

宮崎県日南市の玄関口である「日南駅」の駅舎が3月31日にリニューアルされ、地域の人が集える場に生まれ変わりました。当社は、日南市および地元企業である株式会社乃村工藝社と連携し、駅改修に関わる企画立案や地域住民へのヒアリング・ワークショップの実施などの面から協力しています。

駅舎の改修にあたっては、駅舎の利活用方法や空間デザインなどについて意見を集約するため、2019年10月から2020年2月までに、メインターゲット層となりうる高校生を中心とした市民ワークショップの開催や、高校生や小学生を対象としたアンケート調査などを実施してきました。これらを通して集約した意見を参考に、新しい駅舎では、今までの待合室に加え、地域住民の方々が自由に利用できるコミュニティスペースを整備しています。
 コミュニティスペース内には、学生より要望の多かった自由に使用できる学習スペースを設置し、電車の待ち時間を有効活用できる空間としました。合わせて、子育て世代の意見も反映し、小さな子ども連れでも訪れやすいよう、小上がりの和室を整備しています。また、外装や窓枠の一部には、地元特産である飫肥杉(おびすぎ)を使用し、ぬくもりのある外観となっています。

今回の取り組みを中心となって推進したソーシャルグッド事業部の担当者は、今回の日南駅改修について「主に本計画の企画として参加をしましたが、地域の方へのヒアリング、アイディア出し、設計など、地域の方々の力で場を変えていく力に圧倒されました。これから、さらに地域産品の販売の可能性や、使い方の意見を集め、より良い場に育っていけばと思います。」と話します。

今後日南駅は、駅としての機能だけでなく、イベントなどで駅舎を活用していくことで、地域活性化の拠点となることを目指します。当社はこれからも、「駅」や「公園」といった公共のデザインを通じて、感じ良いくらし・感じ良い社会を実現し、地域の役に立つことを目指します。今後の取り組みにもご注目ください。

©paak design Inc.
©paak design Inc.

※記事に記載している情報は、発表日時点のものです。