くらしの全部 無印良品 百八貨店 東京有明がオープンします

 12月3日(木)、暮らしの全部が揃う”百八貨店”「無印良品 東京有明」がオープンします。

 無印良品は、衣・食・住の生活の基本領域において、正直な品質と納得の意味をもった商品を適正価格で提供すること、また、それぞれの店舗がその地域の活性化に取り組む個店経営を推進することで、「感じ良いくらしと社会」の実現を目指しています。新型コロナウイルス感染症の拡大により生活様式や価値観が大きく変わる中でオープンする東京有明は、お米や新鮮な野菜などの食品、スプーンや靴下など日々の生活を満たす道具から、部屋のリフォーム、戸建販売、そして街の活性化まで、暮らしの全てに関わり、店舗周辺に住む方々の「感じ良いくらし」の具現化をお手伝いする店舗を目指します。関東地方で最大面積を誇る売場には、無印良品のほぼ全ての商品を揃えたうえで、【暮らしのサポート】【家づくり】【街づくり】の3つをテーマにおいた8つの新商品・サービスを加えます。百貨店を超える“百八貨店”として、永く地域の方々のくらしに役立つ存在になりたいと考えています。

 【暮らしのサポート】は、お片付けサポートや観葉植物の月額定額サービスなど、ひとりひとりの困りごとに寄り添い、暮らしを整える、様々なサービスを新たに展開するほか、食の量り売りや青果販売など、暮らしの営みの中心となる「食」に関する商品とサービスを1階フロアに集積して展開します。

 【家づくり】 は、新型コロナウイルス感染症の拡大により大きく変化した生活様式に対応するため、自分にとっての心地よさや個性を生かした「これでいい」という居住空間、永く使うための汎用性や機能としての合理性などをお客様と一緒に考え、生活の変化に合わせた家づくりをもっと身近に自由に行うための部分リフォーム/全面リノベーションをご用意してます。

 【街づくり】は、無印良品としてこれまで地域共創を軸にした空間づくりを行ってきた経験を活かし、街全体を“自分たちの住まう空間”ととらえて「家」「オフィス」「商業施設」「公共」の4つの分野において、企画から考える空間づくりのサービスを開始します。

 また、出店場所の江東区とともに廃棄物の削減、資源循環型の社会を目指して、古着の回収やフードドライブなどの取り組みを店頭で行うほか、東京有明の売場づくりやオープン準備をとおしてつながった方によるトークイベントや雑巾つくり、しめ縄作りなどのワークショップなどを開催する予定です。

「無印良品 東京有明」オープンのお知らせ
https://ryohin-keikaku.jp/news/2020_1028.html

「無印良品 東京有明」店舗ウェブページ
https://shop.muji.com/jp/tokyo-ariake/