こども家具の月額定額サービスをスタートしました

 4月22日(木)、無印良品のオーク材ベビーベッドを新発売すると同時に、こども家具の月額定額サービスの承りを日本国内無印良品限定店舗にて開始しました。
 無印良品は、地球や時代へしっかり気を配り、くらしの基本となる商品やサービスを通して生活を簡素に美しく整えることで、社会でいま起きている様々な課題の解決を目指しています。家具のうちでもこども家具は、必要な期間が短く、まだ使えるのに処分せざるを得ない場合もあります。そこで無印良品では廃棄物削減の取り組みの一環として、4月22日(木)より、新商品の「オーク材ベビーベッド」の発売と同時に、月額定額サービスを日本国内無印良品20店舗にて承りを開始しました。加えて、こども家具の定番として知られるハイチェア「トリップ トラップ」をストッケ社から仕入れ、日本国内無印良品5店舗にて販売するとともに、月額定額サービスの承りもスタートしました。

 「使う期間は限られているけれど、大切な赤ちゃんのために信頼できるベッドを使用したい」というお客様の声に応える試みとして、無印良品は2015年、国産のひのきを使用した「ひのき材ベビーベッド」をデザインしました。ひのき材の風合いはお客様に高く評価された一方、柔らかい素材のためキズがつきやすいというお客様のお声もいただきました。この度、ひのき材からオーク材に変更することで強度を増し、底板を加えることで収納ケースなどを乗せられる仕様に改良いたしました。寝室・リビングでも置きやすい、コンパクトなサイズのベビーベッドです。加えて、ストッケ社が1972年(日本では1973年)から販売している世界的に知名度の高い子ども用ハイチェア「トリップ トラップ」と「トリップ トラップ ベビーセット」の取扱いを開始しました。

 このサービスを活用することで、お子様が成長してベビーベッドが不要になっても家具の処分に悩むこともなく、廃棄物の削減にもつながります。また、契約終了後に返却された家具については、廃棄はせず、循環させてゴミを減らす活動に繋げてまいります。パーツ交換やメンテナンスを施し、改めて月額定額サービスに再利用することを予定しています。お子様の成長を見守りながら、利用期間が短い家具についても悩むことなく安心してご利用いただける提案をしていきます。

■関連ニュースリリース:https://ryohin-keikaku.jp/news/2021_0421.html