関東地域で初の“食”の大型専門売場を備えた「無印良品 港南台バーズ」増床リニューアルオープンのお知らせ

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑 曉)は、JR港南台駅前の港南台バーズ(横浜市港南区)の地下1階~1階において、大型店「無印良品 港南台バーズ」を2021年春に増床リニューアルオープンすることをお知らせします。この店舗は、関東最大の売場面積で "食"の大型専門売場を備えた新しい無印良品の店舗です。

"食"の専門売場

無印良品は、商品やサービスを通じて世界の方々の生活の役に立つ店舗でありたいと考えています。衣・食・住のくらしの営みはそれぞれ密接に関連しており、本来分けて考えることはできず、中でも「食」はその中心となるものです。しかしながら、都市生活者にとって、食の生産現場である畑や農場、漁場は遠い存在となり、食べ物は単に商品として消費されるものとなっています。多くの商品は、名前や価格にのみ注目され、そこに込められた生産者たちの想いや数々の工夫といった情報は知らされていないのが現状です。

食への本格的な取り組みの第一段として18年3月にオープンした「無印良品 イオンモール堺北花田」では、朝採れ野菜や漁港直送の鮮魚など産地直送の生鮮食品を販売しています。続く19年11月にオープンした「無印良品 京都山科」は、地元の方々との協業をテーマに自分たちで産地を訪問し「食べる・見つける・買う」をコンセプトにした食の情報編集型店舗です。

21年春にオープンする「無印良品 港南台バーズ」は、これまでの食の取り組みをさらに発展させ、食を通じて「おいしいって何だ?」を生活者に問い、お客様と生産者との信頼やつながり、交流を生みだしていきたいと考えています。地域の暮らしに密着した店舗の核となる"食"の大型専門売場は、クイーンズ伊勢丹を展開する株式会社エムアイフードスタイル(東京都新宿区/代表取締役社長 雨宮 隆一)に運営いただき、「食と農」をテーマに地元の旬の野菜のほか、生鮮食品やグロサリー、惣菜等を取り扱います。また、メニューの配信などコロナ禍での食の情報発信を強化していく予定です。

おいしい健康・幸せな食卓で健やかな心と体になり、地域の方々ととともにくらしの役に立つ店舗になることを目指します。

店舗概要

店舗名無印良品 港南台バーズ
所在地〒234-0054 神奈川県横浜市港南区港南台3-1-3 港南台バーズ B1F-1F
売場面積約1,504坪(約4,973m2)← 増床前 : 169坪(558.68m2
オープン日2021年春
営業時間10:00 - 20:00
報道関係の方のお問い合わせ
株式会社良品計画 広報・サステナビリティ部 rk-pr@muji.co.jp
以上